片付けられないから隠してしまおう

生活

片付けられない女

実は私、片付けられない女なんです。子供の時から、ずっと片付けられません。

片付けられないので、隠すことを学びました。

衣装ケース

しかし、今度は押し入れの中が散らかります。押し入れの上のほうの空間は空いているのに下のほうだけぐちゃぐちゃ。扉を開けると必ず1つや2つ…3つ、4つ、何かが転がり落ちてきます。

もっと詰め込めるはずなのになぁ。

片付けるという考えは既になく、詰め込むことに専念し始めます。

押し入れの中に引き出し式の衣装ケースを積み上げて、そこへとにかくなんでも詰め込む技を習得しました。

こういう引き出し式の衣装ケースが便利なんです。
「スッキリ収納できます」と書いてありますが、私は詰め込むために購入します。

この中に全部押し込む!何から何まで全部押し込む!

洋服はもちろんのこと、本もゲームも使わないものはどんどん入れていきました。

一応、引き出しごとに洋服用、その他で分けてあります。大ざっぱ!笑

すると、どうなるか?

当然ながら、入れる場所が無くなるので、新たにまた隠す場所を確保しなければいけません。

カラーボックス

片付けられない人が(多分)大好きなカラーボックス。もちろん、しっかり片付けが出来る人も好きだと思いますが、計画なしにとにかく何個も買ってしまうのが「片付けられない女」

手頃な値段で、ひとりで運んだり組み立てたりできるカラーボックス。何個買ったかわかりません。壁ぎわに並べ、腰の高さの窓の前にも並べ、部屋の真ん中にも部屋を仕切るように並べ・・・どれだけ好きなのよ!というくらい並べます。

縦に置いたり、横に置いて重ねてみたり、そして必ず布で覆い中身が見えないようにする。←これ大事!

欠点は、ただ入れるだけだと中身が崩れてしまうこと。

収納ボックス

そこで必要になるのが、これです。カラーボックスのインナーケース。

この中に細かい文具や雑貨類、おやつにペットボトルの飲み物。時々ゴミ(笑)

床に落ちている(置いてある)ものは、全部入れます。

「いったん入れてそのあとボックスごとに整理して、キレイに片付ける」が正解なのかもしれませんが、私の場合は

  1. 床のものを全部詰め込む。
  2. 片付け「終わり」

です。ここまで書いて、自分でちょっと恥ずかしくなりましたが続けます。

たいしたものが入っていないのに、いつの間にかいっぱいになってしまいます。たいしたものじゃないなら捨てればいいのに、捨てないからいっぱいになってしまうんですよね。

カラーボックス(大)

3段のカラーボックスでは足りず、ちょっと大きめのカラーボックスも買いました。ちょっというか、かなり大きいんですけど笑

棚板の高さは自由に変えられるので、大きめの本も入ります。今までは高さのあるものは、カラーボックスを横に使って入れていました。

便利ー!と思ったのですが、気づくと立てた本の隣に文庫本サイズの小さい本が横積みで重ねてあるので、やはり片付きません。

見た目も汚い!(片付けられないくせに見た目は気にする笑)

そこで、再び布の登場。覆って隠す!

片付けられないので隠すことに必死です。その労力を片付ける方向に使えればいいのですが、できないのが「片付けられない女」

動かないのに散らかる原因

動き回るわけでもなく、座ったらほとんど動かないのに部屋の中が散らかります。
動かないから片付かないという説もあり。

原因として考えられることは、買い物から帰ってくると買ったものを全部畳の上にドンと置くから。食品は冷蔵庫などにしまいますが、雑貨類や洋服はそのままにして「はぁ、疲れた・・・」と座ってしまう。

基本的に和室での生活なので、畳の上に座ってしまうと立つのが面倒なんですよね。

ちょっと休憩して疲れがとれたら片付ければいいのですが、置いたらそのまま放置です。使う日が来るまで部屋の隅に置いたまま。

普段使うバッグも畳の上に置いてしまうので、中身を出し入れすると出したものは床・・・。ダメですね。ダメだとわかっているのにどうすることもできないので、「隠す」というところに行き着きました。

20代の頃は主食がコンビニ弁当だったので、それも片付けられなくて部屋がとんでもないことになっていましたが、今は食品だけは片付けられるようになりました。

ああ、ぶっちゃけすぎ!笑

こんな女ですが、よろしくお願いします。

生活
スポンサーリンク
へっぽこぱすかる雑多ぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました